日本語教師の資格とは何か

日本語教師にはだいたい二種類あり、日本人に日本語を教える職業と、外国人に日本語を教えるものがあります。

日本語教師の資格に今、注目が集まっています。

このどちらの職にも、日本語を公式に教育現場で教育する場合には資格が必要になってきます。一番近道であるのは日本語教師というよりは、国語の教員になることです。
こうすればこのような形で、日本語の講師をすることが出来ます。
国語や日本語教師になる場合に必要になる資格は、国語の教員免許です。


これは大学や専門学校に進学し教職科目を履修し、試験に合格することで手に入れることのできる免許です。



必要な単位を取得すれば免許を取得すること自体は出来ますが、教育現場で壇上に上がる資格が得られるわけではなく、教員採用試験に合格することで取得の出来る免許です。
しかし、このように日本語教師になるための資格を手に入れることは簡単なことではないのです。



国語や日本語に関する知識を得れば免許を取得できるわけではなく、教育心理学及び教育史についても学ぶ必要があります。
他にも日本語学を教育する上で、しっかりと日本語の仕組みを理解する必要があり、日本語以外の国語的な知識を身に付ける必要があります。
なので、安易に日本語教師になろうという考えでは日本語を教える職に就くことはなかなか難しいです。普段使っている日本語だからこそ、正しい知識を身に付ける必要があります。

そういったことをしっかりと念頭に置き、日本語や国語についての教養を深め、資格取得のための勉強を進めることが大切です。